●超仕上内経加工専用工具一覧

特許出願中
・スーパーフローティングチャックの特徴


・ダイヤモンドラッパーの適応材質 
・ご注文方法 
・ダイヤモンドラッパー切削条件 
・加工目安
・使用例


●スーパーフローティングチャック 特許出願中

内径加工精度0.5μを制す!


※写真をクリックすると別ウインドウで大きく見れます。

※写真をクリックすると別ウインドウで大きく見れます。

スーパーフローティングチャックの特徴

@刃物が加工物の穴に習いフロートする
A加工中スラスト方向に振動を加えることによりツールマークを完全に除去しながら加工できる
B機械加工により必要な広域差(0.5μ)に穴寸法を仕上げることが出来るため手動によるラップ作業は不要となる
★使用機械
 シャンク部はBTシャンク規格に準じている為、どのマシニングセンターにも簡単に取り付けることができる
 (主軸に位置決めブロックが必要)


スーパーフローティングチャック
特徴 ☆加工物の穴に習いフロートする
☆加工中前後に振動を加え、ツールマークを完全に除去しながら加工する
☆ダイヤモンドラッパーを使い内径を鏡面仕上げにし且つ、真円度、円筒度を0.002mm以下にする為のホルダー
使用回転数 100rpm〜1500rpm
使用機械 マシニングセンター、NC旋盤、汎用ボール盤
ホルダー内径 10 16 20
シャンク側 BT40番 BT50番
型式 TF10-BT40 TF10-BT50
TF16-BT40 TF16-BT50
TF20-BT40 TF20-BT50
重量 5.6kgf(BT40番対応品、刃物なしで測定)

一覧に戻る


●ダイヤモンドラッパー

ミクロン加工・無人化に最適

ダイヤモンドラッパーの適応材質

砥粒/材質 鋳物 焼き入れ鋼 軟鉄 アルミ セラミック 真鍮
ダイヤモンド ×
ボラゾン ×

※使用切削油は、油性(硫黄5%以上、油脂5%以上)をお勧め致します。
注◎印は最適、○印は適、△印は条件によって不適、×印は不適の組み合わせです。

一覧に戻る


ご注文方法

標準タイプ
型式 寸法 粒度 タイプ
(例) DL(ダイヤモンド)
BL(ボラゾン)
16 220 S(スパイラル)
N(ノーマル)
2段式タイプ
型式 寸法 荒引き粒度 仕上げ粒度 タイプ
(例) DL(ダイヤモンド)
BL(ボラゾン)
16 120 220 S(スパイラル)
N(ノーマル)

一覧に戻る


ダイヤモンドラッパー切削条件

材質 鋳物・軟鉄・真鍮 焼き入れ鋼・セラミック
切削条件 回転数
(rpm)
送り速度
(mm/rev)
戻り速度
(mm/rev)
回転数
(rpm)
送り速度
(mm/rev)
戻り速度
(mm/rev)
外径(mm) 5 900〜1,300 0.1〜0.15 0.15〜0.3 950〜1,270 0.1〜0.15 0.15〜0.3
10 750〜1,300 0.1〜0.15 0.15〜0.3 480〜640 0.1〜0.15 0.15〜0.3
20 480〜800 0.1〜0.15 0.15〜0.3 240〜320 0.1〜0.15 0.15〜0.3
30 320〜530 0.1〜0.15 0.15〜0.3 160〜210 0.1〜0.15 0.15〜0.3
40 240〜400 0.1〜0.15 0.15〜0.3 120〜160 0.1〜0.15 0.15〜0.3

一覧に戻る


加工目安

加工品 FC30
ダイヤ粒度 取り代(mm) 面粗度 ダイヤ粒度 取り代(mm) 面粗度
80番 0.04以内 8S 220番 0.02以内 2S
100番 0.04 6S 270番 0.015 1S
120番 0.03 5S 360番 0.015 1S
140番 0.03 4S 400番 0.01 0.6S
170番 0.02 3S      

一覧に戻る


使用例


スーパーフローティングチャック使用例


フローティングチャック使用例


※写真をクリックすると別ウインドウで大きく見れます。

一覧に戻る